‘まちづくり’ カテゴリーのアーカイブ

北総線値下げ裁判のこと(2)―裁判も首長リコールも最も基本的な住民の権利

2011年10月20日 木曜日

前項(10月12日)で、私自身が過去3年程度の間に相次いで経験した2つの出来事―首長リコールと住民訴訟―の共通項から、住民が国を相手取って裁判を起こすことは何ら特別なことではなく、住民運動がとりうる戦術としては最も「レギュラー」(正統的)なものであることを主張した。

首長リコールにしろ住民訴訟にしろ、憲法や地方自治法に明文化された住民(国民)の権利であり、現代の代議制民主主義の根幹を成す基本プロセス、手続きなのであって、これを特別視するのは、民主主義以前の封建主義的な思想の残滓を引きずっているにすぎない。

憲法や地方自治法といった、最も基幹的な法律に明文化されているということは、現代の民主主義社会の設計者が、十分そのような事態を想定し、その上でそれを遂行するに当たってのプロセスやルールもまた、かなり厳格に規定していることを意味する。

民主主義だろうと何主義だろうと、社会、共同体、国家というものは、必ず何らかの「統治」のシステムを必要とする。統治する者と統治される者との間の緊張関係をどのように管理し、規定していくかによって、その社会の性格や有り様が決まってくる。

首長のリコールに関して言えば、ひとたび選挙によって選ばれた首長は、その職にある限り、できるだけ他(の行政機関、司法等)からの干渉を受けない、独自の権力の保持と行使を保証される。首長が誤った権力の行使をしていると判断された場合は、彼を選挙で選んだ有権者が、彼をその職から放逐するしかない。最終的に首長の権力に対抗しうるのは、首長を選挙で選んだ住民(有権者)だけ―これが民主主義の根本原理なのだ。

行政裁判も同じである。

住民の生活や基本的な社会的権利に関して、行政のあり方が十分でない、あるいは不当に生活等を侵害していると考えた住民は、司法の場で行政のあり方を正面から問う、基本的な権利がある。行政のあり方は、日常的には行政同士の連絡や協議によって、不断に調整されているはずであるが、住民からみて、それが耐え難く不満足なものである場合には、住民自らがチェックや調整に乗り出すことが認められているのである。

但し、首長リコールも、住民訴訟も、極めて厳格な(ある意味では窮屈で面妖な)ルール、手続きが定められており、これらの手段行使に立ち上がった住民にとっては、権利の行使が思い通りに進められるわけではない。

民主主義社会は、住民(国民)に「反抗権」「(行政等への)対抗権力の行使」を認めているが、住民の権力と行政や首長の権力とがぶつかり合う「土俵」においては、相互の立ち居振る舞い、ルールを厳しく設定していて、それらはしばしば住民側にとって不利であったり、ルールの運用のところで不利に働いたりする。

しかし、厳格なルールが存在することで、行政や首長の権力と住民の権力とのバランスをとろうとする、どちらの権力にとっても、権力行使の行き過ぎや副作用を防ごうとする、民主主義社会の設計者の意図を読みとるべきだろう。どんな社会も完璧な社会というものはなく、現代の民主主義社会もその例外ではないが、少なくともこのような住民の「反抗権」「(行政等への)対抗権力の行使」が組み込まれていることを、われわれはきちんと評価し、時に応じてそうしたものを活用していくのが正しいのではないだろうか。

みちくさ図書館

2011年7月12日 火曜日

NPO法人を作って「民間図書館」というプロジェクトを進めているOさんという若者に会った。

民間図書館というのは、商店街の空き店舗などを利用して、誰でも無料で本の貸出サービスを利用できる図書館を運営する事業。図書は、地域の人たちが読み終えた本を寄付してもらい、貸出業務などに当たるスタッフはボランティア、貸し出す本にかけるカバーに地域企業などの広告を載せ、広告料収入を運営費(家賃その他)に充てる。

Oさんたちは、すでに船橋市近辺に6館を運営しているほか、最近京都にも1館開設している。

Oさんとは、1ヶ月ほど前にある会合で会い、「民間図書館」の話を聞いているうちに、非常に面白いアイディアなので、千葉ニュータウンでもどこかで開設、運営していけないかと思い、これまで場所と人の両サイドから、いろいろなところを当たったり、相談したりしてきた。そうするうちに、Tさんがこの話に興味をもち、まず実際に運営しているところを見学し、話を聞いてみたいということになり、今日Oさんの案内で船橋市の中心部にある民間図書館第1号の現場を見学、併せて詳しい話を聞いてきた。

千葉ニュータウンでこのアイディアを形にする場合、私は「みちくさ図書館」のコンセプトで進められないかと思っている。住宅地の中あるいは空き店舗でもいいが、小学校から帰宅途中の子供たちが、気軽に立ち寄れる場所。そこに子供用、大人用のいろんな本(漫画を含む)が置いてあり、できれば図書館の隅に「駄菓子屋」コーナーも欲しい。

下校途中の児童が犯罪に巻き込まれる事件が起きて、現在は子供たちの下校ルートには高齢者などの「見守り隊」が子供たちの安全を見守っている。確かに、下校途中の子供たちの安全は守られなければならないが、一方で、学校の門から自宅玄関まで、一直線に(安全に)帰ることで、下校途中の子供たちが「道草」を食う「楽しみ」までも奪われてしまうことになった。

やはり、子供たちにとって下校途中の「道草」は、必要なのではないか、というより、「道草」の全くない登下校なんて・・・・、何だか可哀想な気がする。

下校途中の子供たちが、安全に「道草」を食い、読書にも親しむ、ついでに駄菓子も・・・・という空間があったら、楽しいのではないか。蛍光色のジャンパーを着て、下校の子供たちの安全を見守っている高齢者たちにも声をかけて、「みちくさ図書館」の運営ボランティアも手伝ってもらえれば、高齢者と子供たちのふれあい、交流といった面でも、面白い空間になるのではないか。