2012年5月 のアーカイブ

464号の渋滞

2012年5月30日 水曜日

今日464号線の様子を観察に行ったら、折良く(悪く?)渋滞の箇所を見かけましたので、写真を撮っておきました。

ここは、上り線のケーズデンキなどの商業施設のあたりからずっと来て、間もなく草深交差点に差しかかろうというあたりです。この辺は、草深交差点で右折レーンを作るために、写真のところから1車線になるため、一気に渋滞が始まるところです。したがって、堀割の道路への入口や出口とは関係ありません。

疑問に思うのは、なぜ今回あちこちに右折専用レーンを設けた(それにより、1車線になった)のかということです。素人目には、わざわざ右折レーンを作らなくても、今までどおり2車線で走り、次の交差点で右折しようと思っている車は右側のレーンを選び、直進する後続車は、前の車が右折する場合、少し待つ形になりますが、今まではそれでやってきたのだから、わざわざ右折レーンを設けるために、そのずっと前から1車線にする必要はないのでは?と思いますが。

印西市長選 立候補予定者説明会

2012年5月28日 月曜日

本日午前9時半から印西市役所会議棟204号室で「印西市長選挙立候補予定者説明会」が開催されたので、10時少し過ぎた頃、ちょっと覗いてみた。

すでに出馬を表明している現職の山﨑山洋氏、市議の板倉正直氏のそれぞれ代理人と思しき人が選管の説明を受けていたが、他にもう一人見慣れない人物が出席していた。後で、選管に寄り、説明会受付名簿をもらったが、この「第3の」人物は、受付簿にも名前を記載されていない。受付簿には、「この受付簿は、このまま報道発表されます」と注意書きがあり、報道発表されるのを望まない人は、ここには記入を拒否することができる(別に「報道発表しない受付簿」に名前を記入するようだが)。

ということで、「第3の」人物が誰なのか、山﨑、板倉氏以外に誰かが立候補を検討していて、その本人または代理人が今日説明会を聞きに来たのか、それとも単なる「ひやかし」なのか、それはわからない。そもそも「第3の」立候補予定者として扱うべきなのか、無視して良いのかさえ不透明である。

464号線-下の道路が開通  余計ひどくなった(?)渋滞

2012年5月25日 金曜日

今日、464号線下の新464号バイパスが開通した。谷田から印西牧の原駅近くまでの間は、車線が2倍に増えて、上下片側2車線合計4車線となるので、渋滞緩和に画期的な効果が生まれるというふれこみだった。が、今日早速渋滞に巻きこまれてしまった。

谷田から新しくできた道路に入り、しばらくは快適に飛ばしていたが、印西牧の原駅近くの出口まで来ると、激しい渋滞に。結局入口や出口周辺では、新464号が2車線から1車線に絞り込まれると同時に、旧464号線も出口や入口の近くは一車線になる。これまでずーっと片側2車線で快適に走っていた道路で、これだけ1車線の箇所ができれば、そりゃ渋滞も起こるだろう。

というわけで、この先どうなるのか知らないが、今日体験した限りでは、非常に頻繁に渋滞が起きる道路になったことはたしかだと思う。

話は変わるが、今日市議の板倉正直氏が7月8日行われる印西市長選に立候補する意向を表明した。

金環日食

2012年5月21日 月曜日

今朝7時から印西市の「金環日食観察会」がBIGHOPの駐車場で開催された。姪一家と一緒に参加すると、およそ200人くらいの参加者が曇り空を見上げている。山﨑市長も姿を現す。

空はかなり厚い雲に覆われ、太陽の姿はたまにしか見えない状態。それでも、時々雲間から日が差し、しばらくすると太陽が欠けてきて、三日月のようになっているのが確認できる。さらにしばらく待ち、解説者の「もうう始まっているはず」とのコメントの少し後、肉眼でもはっきりリングが見える状態で、流れる雲の間に瞬間瞬間姿を見せる。雲がフィルターの役を果たし、肉眼でも、そしてカメラにも、はっきりとリングが映る。ただ、カメラを手に持った状態なので、ブレないか心配するが、画像を確認すると、かなりはっきり映っている。会場を埋めた人たちからどよめきと拍手が起こる。

スーパームーン

2012年5月5日 土曜日

夕方、車を運転していたら、東南東の空に月が顔をのぞかせている。明るくて大きい。満月か。

夜になって、今日は「スーパームーン」といって、普段の満月より16%大きく、明るさも30%増しなのだという。確かに、肉眼で見ても、普段より大きくて明るい。

写真は、午後10時頃2回のベランダから撮った。