大飯原発再稼働

「決められない政治」の代表みたいな野田佳彦首相が(というか、民主党政権になってから)初めて「一国の政権担当者らしい」決断をした(遅きに失した感はあるが)。

「原子力がエネルギーの3割を占める日本で、原発ゼロでは国が立ちゆかない」という判断は、前首相こそがどこかの時点で言うべきだった。当たり前すぎるくらいの判断であり、このまま「脱原発」とやらを真に受けて、夏場はおろか、日本全体が行き詰まってしまうことは明らかだった。

今ある原発は、いまできるだけの安全性を確認してから、逐次再稼働させていき、「脱原発」をしたければ、その間数十年をかけて、国民生活や経済がエネルギー不足で立ち往生する事態を避けつつ、徐々に「理想」をめざすしかないのであり、大飯原発その他の原発を再稼働させるか否かは、「脱原発」とは何の関係もない、現実の世界での冷厳な判断に委ねるべきである。

原発というのは、たとえ今すぐ止めても、その後数十年は中の燃料を冷やし続ける必要があり、実際問題として「脱原発」が可能になるのは、その後の話である。また、自然エネルギーは、日照とか風向きとか、自然現象頼りであるので、太陽光発電所や風力発電所を作る場合、それと同じだけの規模の火力や水力発電施設を作っていく必要があるそうで、代替電源としての「気まぐれ性」は如何ともしがたいようだ。

夢を追うのは結構だが、夢と国民生活とを天秤にかけるような議論は、いい加減終止符を打ちたい。

コメント / トラックバック1件

  1. はらしょ より:

    政府の国家としてのエネルギー政策が、どの程度の年数を視野に入れているか、判明する取り組みです。
    原発が必要となったのは、電力消費を推進する電力各社の、営業努力の賜物。
    ただし、原子力が相当に扱い難いモノであったことは、言うまでもありません。
    原子力発電は、その燃料の扱いが厄介なもので、使用済みとなっても10年近く冷却が必要。
    最終処分の方法の確立どころか全く見えない状況で、原子力発電に踏み出した当時の政治家とある新聞社の社主は、原子力発電とは別の意図があったとしか思えません。
    でも、もはや踏み外してしまったからには、消えるまで面倒を見続けなくてはなりません。
    安全に停止するまで見守らねばならない、その荷を我々日本国民は背負っているのです。

    代替エネルギーの開発は、必要です。実用になるまで、原発やLNGに頼らざるを得ない。
    その負担軽減のため、電力・エネルギー消費を出来る限り抑えることが必要です。

コメントをどうぞ