こんぺいとうコンサート 宮﨑邸

 昨日、こんぺいとうコンサートin宮﨑邸が無事終了した。宮﨑邸でのコンサートは3回目になるが、今回は特に申込が殺到、最後の2週間くらいはかかってくる電話を断るのが大変なくらいだった。最終的に91人の参加で、さしもの宮﨑邸の座敷も人がぎっしり。
 始まる前、宮﨑さんと、手伝ってもらう鈴木道夫さんと3人で駐車場の整理をしたが、時間前に3つの駐車場が満杯に。おまけに、板倉市長が踊りの発表があったとかで、紋付和服姿で駆けつけてくれる。
 定刻に開会。初めに挨拶に立っていると、折悪くポケットの携帯が鳴りだす。あわてて電話を切って、少し話し出すも再び・・・・。これですっかり調子が狂い、考えていた話がほとんどできず、市長にバトンをわたして、挨拶してもらう。しかし、後で聞くと、このハプニングがあったせいで、座の空気がすっかりなごんだというか、皆さんの緊張感のようなものがなくなったので、かえって良かったといわれる。
 こんぺいとうの演奏は、歌とオカリナが主で、パンフルートはほとんど用いず。それでも、今日のお客さんはノリがよく、非常にうちとけて、楽しい演奏会になった。
 心配されていた雨も、イベントが終わり、皆が帰途につく頃、ようやくぽつぽつと。
 全部終わってから、岡田さん、前田さんと、近くの「ミモザ」で食事。岡田さんと私はビールを飲むが、エビスの生ビールでうまいビールだった。
 準備段階では、雑用が多く、もう今回で最後にしようという話も出たが、やはりこれだけ多くの人に喜んでもらえると、年に1度くらいは宮﨑邸でのイベントはやった方がいいのかなと思う。 

コメントをどうぞ