街づくり〜「駅前送迎保育」は有りか、無しか 削除


Message#3 2010年10月30日(土)16時01分
From: 野生の風さん
JRの子育て支援事業の取組み

JR東日本のHPより

『JR東日本グループでは、首都圏での沿線価値向上の取組みとして、「子育てしながら働く」を応援するために、駅周辺のスペースを利用した子育て支援施設・機能の開設に積極的に取組んでいます。

1996年から開設した保育園などの子育て支援施設は、2010年7月現在、累計で35箇所となりました。

JR東日本グループでは、保育園を始めとした子育てを応援する施設や既存の保育園と連携できる施設を駅や駅周辺に開設することで、仕事と家庭の両立を目指す方々のライフスタイルを支え、地域と連携した魅力ある沿線づくりを推進していきます。』

『2004年より埼京線を「子育て応援路線」と位置づけて、埼京線の各駅をはじめ埼玉新都市交通の駅(ニューシャトル加茂宮・今羽)に認可保育園を開発することにより、従来の単発駅・点在的な開発でなく、埼京線沿線に連続して認可保育園を開設し、定員増による「量」的解決を図る一方で、設立する保育園同士の競争による保育レベルの向上により「質」も担保する「線」としての保育事業の展開を図ってきました。
沿線だけでも6年間で通算12園の保育園を開園しています。

「駅に近い」という利便性だけでなく、それぞれの保育園が、地域の皆様のニーズに応えた特別保育(延長保育、一時保育等)を実施しています。人口の密集度を考慮し、各園が埼京線沿線の駅前で連続して展開され、共働き家族を支える子育てセーフティーネットを形成しています。

また、これらの保育園の多くが、子育て支援事業、地域交流事業等にも取り組み、沿線地域住民の皆様に開かれた「駅型保育園」を目指しています。』

上のメッセージを削除します。
よければパスワードを入力し、削除ボタンをクリックしてください。

パスワード:

dmb.cgi Ver. 1.061
Copyright(C) 1997-2009, hidekik.com

お気軽に炉端会議をお楽しみください  管理人に教えられたパスワードはトップページをご覧ください