ペット自慢 削除


Message#1 2011年1月29日(土)13時28分
From: 席亭さん

八「あのよ〜、うちで飼ってる犬は英語をしゃべれるんだぜ、ワンッ、なんちゃってね」
熊「そんなのあったり前じゃん、うちの猫なんか、ビルマ語だ」
八「ミャンマーってんだろう」
熊「当たり〜」
八「けっ、何が当たりだい。ほかにもっとユニークなペットを飼ってる奴はいねぇのかい?」
と、今まで二人の話を黙って聞いていた与太郎がしずしずと出てきまして。
与「あ、あのねぇ、うちで飼ってるヘビは日本語であいさつするんだよ」
八、熊「へぇー、そいつぁ面白い。よう、みんなで与太ん家へ行ってヘビのあいさつとやらを受けようじゃねぇか」

ってんで、皆ぞろぞろと与太郎のうちへやってまいります。

皆が与太郎の家に着き、ヘビはってぇと、奥の座敷に寝そべって、呑気そうにうつらうつらしているだけ。そのうち、皆も飽きてきて、
「なんでぇ、ウンもスンもねぇじゃねぇか。あ〜あ、わざわざ与太ん家なぞに来るんじゃなかった」
ぼやきながら、玄関先で靴をはいていますってぇと、ヘビが奥からスルスルーっと這ってきて、帰ろうとしている皆に向かって
「じゃ(蛇)」。
へい、お後がよろしいようで。

というバカバカしい親父ギャばなし(親父ギャグ小話)を持ち出したのは、最近拙サイトを時々覗いてくださっている方から、「ペット」の話をみんなで楽しむコーナーを作ったら、とのアドバイスをいただいたためです。いきなりコーナーを作っても親しくご利用いただけるかわかりませんので、とりあえずはこの炉端会議に、皆さんの愛犬や愛猫などペットの話や写真を投稿していただければと思います。
我が家の愚犬、愚猫についても、いずれアップしますが、まずはどなたかどうぞ。

上のメッセージを削除します。
よければパスワードを入力し、削除ボタンをクリックしてください。

パスワード:

dmb.cgi Ver. 1.061
Copyright(C) 1997-2009, hidekik.com

お気軽に炉端会議をお楽しみください  管理人に教えられたパスワードはトップページをご覧ください