信号の視認性について

添付ファイル
Message#から前件を

日から 前を
炉端会議へ

最新20件 最新50件 最新100件 最新200件 200件以前
昨日以降(0) 2日前以降(0) 3日前以降(0) 4日前以降(0) 5日前以降(0)
統計 リンク 添付 サーチ 携帯モード セットアップ


Message#2 2010年7月24日(土)11時26分
From: 席亭さん
返事 削除 変更
dachs飼主のメッセージ(#1)への返事

これについては、少々思い当たることがあるので・・・・。

小紙を創刊する直前の頃、門番さんのサイト(千葉ニュータウンからのメッセージ)で一時盛り上がったテーマですが、中央駅そばの464号を南北に渡る信号で、小倉台側から来て(北から南方面へ)赤信号で待っていた車が、信号が変わらないのに、なぜか勘違いして発進してしまい、464号下り線を走ってきた車と危うく衝突しそうになったという事例がいくつか紹介されたことがあります(実は、私も同じ経験をしたことがあります)。

このことが門番さんの掲示板で話題になり、皆で原因を考えるうちに、464号下り線前で信号待ちしていたドライバーの目に、一つ先の上り線の信号が青くなるのが飛び込み、心理的な錯覚を起こすのではないかという結論になりました。464号(北総線)をまたぐ橋は、だいたい真ん中が盛り上がっているので、目前の信号(464下り線)はかなり見上げるような形になるのに対して、一つ先(上り線)の信号は、見上げなくても自然に目に入ってしまう角度になっていることが、こうした錯覚を起こしているらしいとも、推定されました。

小紙の創刊を準備していた私などは早速この考えを印西警察に持っていって伝えた記憶があります。これが功を奏したのか、その直後に、中央駅のところの信号は、464号上り線のところの信号と、下り線の信号とが、ほぼ同時に変わるように、設定し直されたのです。その後、念には念を入れて、LEDの採用も相まって、青信号はかなり近づかないと見えないように、(おそらくはわざと)角度が調整されているのではないかと思います。

やわら亭のところの信号は、たしかに橋に乗り入れないと、青信号であることが確認できないようになっていて、私などもこれだとかえって危ないのではないのかなと思うこともあるのですが、前述したような、一つ先の青信号で錯覚するのを防ぐための措置として、やや過剰防衛気味の対策となったのではないかと思います。

なお、約10年前の中央駅そばの信号が心理的な錯覚を起こしているのではないかという話から、私が直接印西警察に取材した時の経験からいうと、警察というところは、この種の住民(素人)の井戸端会議のような話を、表面は全く無視しているように見えながらも、その実けっこう気にしていて、取り入れるところはさっと取り入れる(住民に言われて取り入れたとは決して認めないでしょうが)スタイルではないのかなという印象を持っています。

最新20件 最新50件 最新100件 最新200件 200件以前
昨日以降 2日前以降 3日前以降 4日前以降 5日前以降
dmb.cgi Ver. 1.061
Copyright(C) 1997-2009, hidekik.com

お気軽に炉端会議をお楽しみください  管理人に教えられたパスワードはトップページをご覧ください