街づくり〜「駅前送迎保育」は有りか、無しか

添付ファイル
Message#から前件を

日から 前を
炉端会議へ

最新20件 最新50件 最新100件 最新200件 200件以前
昨日以降(0) 2日前以降(0) 3日前以降(0) 4日前以降(0) 5日前以降(0)
統計 リンク 添付 サーチ 携帯モード セットアップ


Message#1 2010年10月16日(土)14時43分
From: 野生の風さん
返事 削除 変更
街づくり〜「駅前送迎保育」は有りか、無しか

 千葉ニュータウン地区には、意外と気楽に情報交換できるサイトがありません。私は今盛んのツイッターは利用していません。気分や雰囲気を伝える「つぶやき」としては有用かもしれませんが、何かの情報を得るという点では不十分だからです。

 正直、掲示板への投稿は普段、ほとんどしていません。しかし、北総線問題についてはその情報の不明朗性に怒りを覚えて投稿しましたが、議論をするためでなく、私が調べた情報を広く公開するために投稿しました。不透明な行政と事業者のやり方について知っていただきたくて投稿しました。自分で調べるという行為はとても大切です。自分としての意見を持つことが出来るからです。私の投稿はその契機になればというものでした。

 私が、普段、一般の掲示板に投稿しないのは、誹謗中傷するような投稿が多く、読んでいて楽しくないことがあるからです。しかし、せっかく管理者が「炉端会議」という情報交換の場を提供して利用を呼びかけてくださっているのでそれに少しでも応えたいと思いました。

 それで最近よく考えるニュータウン開発終了後の「街づくり」というテーマで意見交換をしたいと思い投稿しました。


 流山市の「駅前送迎保育」と同じサービスを始めてはどうでしょうか。
 街づくりはまず模倣から始めてはどうでしょうか。
 若年人口の獲得に役立つのでないでしょうか。皆さんはどう思いますか。
 意見を是非投稿してください。



 以下は5月25日にNHKで放送された「おはよう日本」の中で「シリーズ 縮むニッポン@ 都市間の人口争奪戦」として取り上げられた話題のひとつである「駅前送迎保育」の概要です。

「独自の子育てサービス
流山市がまず取り組んだのが、両親が働きながら子育てできる環境づくりです。3年前、都内から移り住んだ橋本さん夫婦は、会社員の夫と看護師の妻の年収あわせて1,000万円以上。しかも、2人の子どもを育てていて、流山市にとっても理想的なデュークスです。
橋本さん夫婦を引きつけたのは、市が行っている独自のサービスです。毎朝、出勤前に橋本さんが向かうのは、駅のすぐ隣のビルにある保育園の「送迎ステーション」。流山市が年間2,800万円を負担して運営されています。2人の子どもは別々の保育園に通っていますが、ここに預けるとそれぞれの保育園までバスで送り迎えしてくれるのです。全国に先駆けたこのサービスの利用者は、今では100組以上の共働き夫婦に広がっています。橋本さんは、「朝や夕方の時間がない中、駅のそばにあるのでとても助かっています。流山市のまちづくり自体が、すごく活気づいてきていると思います」と話しています。」
(NHK報道プロジェクト「あすの日本」よりの抜粋)

最新20件 最新50件 最新100件 最新200件 200件以前
昨日以降 2日前以降 3日前以降 4日前以降 5日前以降
dmb.cgi Ver. 1.061
Copyright(C) 1997-2009, hidekik.com

お気軽に炉端会議をお楽しみください  管理人に教えられたパスワードはトップページをご覧ください