街づくり〜「駅前送迎保育」は有りか、無しか

最近の書き込み件数: 今日 0件、昨日 0件
未読分:5件

炉端会議へ 新規書き込み

最新20件 最新50件 最新100件 最新200件 200件以前
昨日以降(0) 2日前以降(0) 3日前以降(0) 4日前以降(0) 5日前以降(0)
統計 リンク 添付 サーチ 携帯モード セットアップ


Message#5 2011年1月13日(木)23時05分
From: 野生の風さん
返事 削除 変更
街の賑わい

12月の週末に銀座を家内とブラブラしていて意外と人出が多いなぁと思いました。三越の別館がオープンしたりした影響があるのかもしれません。

 渋谷の人ごみはあまり好きではありませんが、(渋谷は歩いているのが若者ばかりで単調で無機質なイメージがあります。)銀座の歩行者天国で様々な人々が穏やかな顔で行き交うのはいいものです。昔の都心のデパートに家族でおめかしして出掛ける光景をふと思い出しました。

 最近は、松戸などの市街の道路沿いや駅前を車で通り過ぎるとシャッターを下ろした店舗が目立ち、寂しい風景が多く、経済情勢を反映しているのかとぼんやり考えさせられてしまいます。この前通ったときは営業していた店が次に通ったときは閉店になっていることが多くなっています。

 大型ショッピングセンターの賑わいは、何か人工的で虚構のようなものを私は感じてしまいます。郊外のショッピングセンターの多くは週末だけ賑わい、平日は閑散としているところが多く、活気も感じられないものです。

 駅前の商店街や公園、そしてそこへ通じる街路を様々な年代の人々が歩いている賑わいは、人が多いのはいいことだと素直に思えます。こうした賑わいは今では都心の特定の地域にしか見られなくなってしまいました。

 この間、テレビで「角上魚類」という鮮魚専門の大規模店が紹介されていました。広い売り場で対面販売が行われ、普通のスーパーと違い、画面から活気が伝わってきました。並べられているたくさんの種類の魚の調理の仕方を説明しながらたくさんの店員さんが威勢良く、売っている姿が活気を醸し出しているのだと思います。

 あれだけの店員さんを抱えながら値段も安く、魚も新鮮だというのですからその企業努力には頭が下がります。お客さんの顔もうれしそうな顔ばかりです。

 最近、用事があり、東京駅で降りました。驚いたのは駅中の活気です。人が多いのは当然ですが、改札の中に魅力的できれいなショップがたくさんあり、お客さんも結構入っています。改札の外の地下街の店舗もリニューアルされ、活気があります。駅の魅力が大きく増しているのがわかります。昔の国鉄時代からは考えられない企業努力がJRには感じられます。

 大型の施設を建設するより利用者目線のリニューアルの方が集客に効果があるのかもしれません。ハードよりソフトで街の賑わいを創りだして欲しいものです。

 北総線沿線(ニュータウンだけでなく、高砂までの沿線)の駅や駅前もこうした工夫をすれば、魅力的な街づくりにつながり、賑わいが生まれてくるのではないでしょうか。しかし、そのためには運賃の大幅な値下げが必要だと思います。北総線の沿線が賑わい、沿線人口が増えれば、成田空港を利用する人も自然に増えると思います。成田空港が魅力的な場所になって旅行でなくても電車でちょっと覗きに行ってみたいと思っても運賃が高過ぎて家族連れで遊びに行こうということにはならないと思います。運賃を下げて近場の?利用者を取り込むべきではないでしょうか。

 お客さんが喜んでくれる鉄道を目指して欲しいですね。仕事に生きがいを感じるときは?と聞かれた社員がお客さんの笑顔がうれしいと答えられるような企業になれば利用者は自然に増えてくるのではないでしょうか。企業努力により適正な運賃になった後ならいくら利益を上げようともそれについて文句を言う利用者は少ないのではないでしょうか。北総鉄道が地域の経済を支える優良企業となって欲しいものです。私は、現在それが実現可能な状況にあると思っています。これは希望的な観測ではありません。

 しかし、現状は京成グループは目先の利益だけに執着して理不尽なしくみを維持して利益を優先する企業集団にしか見えません。

Message#4 2010年11月4日(木)22時29分
From: 野生の風さん
返事 削除 変更
NHK報道プロジェクト「あすの日本」の「日本再設計 シリーズ縮むニッポン@」のこと
(グーグルで「日本再設計 縮むニッポン」で検索できます。)

 私は北総線問題(高額運賃)とURの千葉ニュータウン開発終了により将来的に沿線の人口が減少し、地域の活力が失われていくのではないかと危惧しております。

 上記のNHKのあすの日本」の「日本再設計 シリーズ縮むニッポン@」では都市部の人口減少問題を取り上げています。以下はその導入部の抜粋です。今後の街づくりの参考になるのではないでしょうか。この問題に関心のある方は是非、全文をお読みになることをお勧めします。

『第1回 「“世代循環”変わるまちづくり」
これまで地方の課題とされてきた「人口減少」。それが今、都市部でも大きな問題となっています。本格的な人口減少時代に入った日本。縮小していく社会で何が起きているのか、そして、どうすれば豊かな暮らしをおくることができるのか。「縮むニッポン」と題して、シリーズで探ります。
1回目は、都市部の自治体の間で始まった「人口争奪戦」です。税収の安定と、まちの活力の維持を狙って人口の奪い合いを始めた都市部の自治体を取材しました。』
「NHK 日本再設計 シリーズ縮むニッポン@」より

Message#3 2010年10月30日(土)16時01分
From: 野生の風さん
返事 削除 変更
JRの子育て支援事業の取組み

JR東日本のHPより

『JR東日本グループでは、首都圏での沿線価値向上の取組みとして、「子育てしながら働く」を応援するために、駅周辺のスペースを利用した子育て支援施設・機能の開設に積極的に取組んでいます。

1996年から開設した保育園などの子育て支援施設は、2010年7月現在、累計で35箇所となりました。

JR東日本グループでは、保育園を始めとした子育てを応援する施設や既存の保育園と連携できる施設を駅や駅周辺に開設することで、仕事と家庭の両立を目指す方々のライフスタイルを支え、地域と連携した魅力ある沿線づくりを推進していきます。』

『2004年より埼京線を「子育て応援路線」と位置づけて、埼京線の各駅をはじめ埼玉新都市交通の駅(ニューシャトル加茂宮・今羽)に認可保育園を開発することにより、従来の単発駅・点在的な開発でなく、埼京線沿線に連続して認可保育園を開設し、定員増による「量」的解決を図る一方で、設立する保育園同士の競争による保育レベルの向上により「質」も担保する「線」としての保育事業の展開を図ってきました。
沿線だけでも6年間で通算12園の保育園を開園しています。

「駅に近い」という利便性だけでなく、それぞれの保育園が、地域の皆様のニーズに応えた特別保育(延長保育、一時保育等)を実施しています。人口の密集度を考慮し、各園が埼京線沿線の駅前で連続して展開され、共働き家族を支える子育てセーフティーネットを形成しています。

また、これらの保育園の多くが、子育て支援事業、地域交流事業等にも取り組み、沿線地域住民の皆様に開かれた「駅型保育園」を目指しています。』

Message#2 2010年10月16日(土)19時46分
From: 席亭さん
返事 削除 変更
野生の風のメッセージ(#1)への返事

> 街づくり〜「駅前送迎保育」は有りか、無しか

 野生の風さん、いらっしゃい。いつも丹念に調べたデータや分析に基づく書き込みに敬意と感謝を申し上げます。本「炉端会議」も、席亭がサボってばかりで、なかなか話題が盛り上がらない中、話題を提供いただき、本当にありがとうございます。

 「駅前送迎保育」というのは、時々耳にする「駅前保育」というのとは違って、市内のあちこちにある既存の保育所にお子さんを送り迎えするサービスなんですね。なるほど、アイデアですね。新しく保育所を作るのと比べて、それほどお金はかからない、ハードでなくソフト面で、今ある保育所を利用しやすくする、利用者(親)の負担、利便性を大きく改善できるやり方だと思います。

Message#1 2010年10月16日(土)14時43分
From: 野生の風さん
返事 削除 変更
街づくり〜「駅前送迎保育」は有りか、無しか

 千葉ニュータウン地区には、意外と気楽に情報交換できるサイトがありません。私は今盛んのツイッターは利用していません。気分や雰囲気を伝える「つぶやき」としては有用かもしれませんが、何かの情報を得るという点では不十分だからです。

 正直、掲示板への投稿は普段、ほとんどしていません。しかし、北総線問題についてはその情報の不明朗性に怒りを覚えて投稿しましたが、議論をするためでなく、私が調べた情報を広く公開するために投稿しました。不透明な行政と事業者のやり方について知っていただきたくて投稿しました。自分で調べるという行為はとても大切です。自分としての意見を持つことが出来るからです。私の投稿はその契機になればというものでした。

 私が、普段、一般の掲示板に投稿しないのは、誹謗中傷するような投稿が多く、読んでいて楽しくないことがあるからです。しかし、せっかく管理者が「炉端会議」という情報交換の場を提供して利用を呼びかけてくださっているのでそれに少しでも応えたいと思いました。

 それで最近よく考えるニュータウン開発終了後の「街づくり」というテーマで意見交換をしたいと思い投稿しました。


 流山市の「駅前送迎保育」と同じサービスを始めてはどうでしょうか。
 街づくりはまず模倣から始めてはどうでしょうか。
 若年人口の獲得に役立つのでないでしょうか。皆さんはどう思いますか。
 意見を是非投稿してください。



 以下は5月25日にNHKで放送された「おはよう日本」の中で「シリーズ 縮むニッポン@ 都市間の人口争奪戦」として取り上げられた話題のひとつである「駅前送迎保育」の概要です。

「独自の子育てサービス
流山市がまず取り組んだのが、両親が働きながら子育てできる環境づくりです。3年前、都内から移り住んだ橋本さん夫婦は、会社員の夫と看護師の妻の年収あわせて1,000万円以上。しかも、2人の子どもを育てていて、流山市にとっても理想的なデュークスです。
橋本さん夫婦を引きつけたのは、市が行っている独自のサービスです。毎朝、出勤前に橋本さんが向かうのは、駅のすぐ隣のビルにある保育園の「送迎ステーション」。流山市が年間2,800万円を負担して運営されています。2人の子どもは別々の保育園に通っていますが、ここに預けるとそれぞれの保育園までバスで送り迎えしてくれるのです。全国に先駆けたこのサービスの利用者は、今では100組以上の共働き夫婦に広がっています。橋本さんは、「朝や夕方の時間がない中、駅のそばにあるのでとても助かっています。流山市のまちづくり自体が、すごく活気づいてきていると思います」と話しています。」
(NHK報道プロジェクト「あすの日本」よりの抜粋)

最新20件 最新50件 最新100件 最新200件 200件以前
昨日以降 2日前以降 3日前以降 4日前以降 5日前以降

新規書き込み

dmb.cgi Ver. 1.061
Copyright(C) 1997-2009, hidekik.com

お気軽に炉端会議をお楽しみください  管理人に教えられたパスワードはトップページをご覧ください