北総線値下げ裁判

最近の書き込み件数: 今日 0件、昨日 0件
未読分:11件

炉端会議へ 新規書き込み

最新20件 最新50件 最新100件 最新200件 200件以前
昨日以降(0) 2日前以降(0) 3日前以降(0) 4日前以降(0) 5日前以降(0)
統計 リンク 添付 サーチ 携帯モード セットアップ


Message#11 2010年9月13日(月)14時01分
From: 席亭さん
返事 削除 変更
木刈の住人のメッセージ(#10)への返事

 木刈の住人さん、提訴報告集会へのご参加、ありがとうございました。お陰様で、印西、白井の会場ともまずまずの盛会で、特に、白井の会場では用意していた椅子が足りずに、途中から椅子を追加するなど、会場いっぱいの参加者で、この問題への皆様の関心の高さがうかがわれました。

 原告の人たちの話は、時間の関係で、印西会場に出席できなかった人のみ発言してもらったのですが、やはりどなたも怒りを感じて原告になっただけあって、それぞれこの問題に独自の思いを持っており、非常に説得力のある決意表明になっていたと思います。

 今後、北総線の高運賃のこと、さらには高運賃をもたらしている矛盾について、広く地域外へも情報を発信していき、理解を得ていきたいと思います。今後とも、よろしくご協力のほどお願い申し上げます。

Message#10 2010年9月13日(月)13時39分
From: 木刈の住人さん
返事 削除 変更
 昨日、午後1時からの印西は間にあいませんでしたので、白井文化会館中ホールで行われた北総値下げ裁判の提訴報告会に参加してきました。
 約1時間半ほどの説明&質疑応答がありましたが、司会進行や弁護士さんのわかりやすい説明で興味深くきかせていただきました。
 『北総鉄道・京成電鉄に提訴は難しい』 ということ
それに鎌ヶ谷市の原告の方が
 『過去大きな負債を負いながら高砂〜小室、日医大へ1200億円もの費用をかけて北総鉄道が作り上げた路線を線路使用量を払わずに上野から成田へ行く京成は許せぬ』

という話が深く印象に残りました。
 

Message#9 2010年8月29日(日)20時22分
From: 席亭さん
返事 削除 変更
北総沿線住民のメッセージ(#8)への返事

この「炉端会議」で、裁判の会の掲示板の取り扱いについて説明するのもおかしいですが、裁判の会の会議で掲示板のことが話題になったことは事実です。会としては、いろいろな書き込みにどう対応するのか、議論になりましたが、メンバーの中には、話題になった書き込みをまだ読んでいない人もいて、そうしたメンバーも一度書き込みを読んだ上で、改めて会としての対応を議論しようということになりました。現在、掲示板が画面から消えているのは、一時的な措置だと聞いています。

Message#8 2010年8月29日(日)17時31分
From: 北総沿線住民さん
返事 削除 変更
「裁判の会」のみなさん!

裁判の会のHPで、掲示板を「意見交換の場」なんて書いておいて、自らの首を絞めるような都合の悪い投稿が増えたら、さっさと掲示板を閉じてしまうなんて、やっぱりその程度と認めたようなものですよ。
きちんとした理論展開もできないようなら、さっさと取り下げた方がいいですよ。

よく理解していない人にも丁寧に説明して賛同者を増やさないで、どうするんですかね。
この「北総線のこれからは?」のスレッドにあったような、きちんとした数字の裏付けのある理論展開と説明をしないと、一部の人だけの感情的な行動では、どんどん離れていきますよ。

私は、値下げできるという主張と、仮に線路使用料や運賃のやりとりを他の鉄道のようにしても値下げできないという主張の双方を聞いて判断したかったのに、とても残念です。

Message#7 2010年8月21日(土)01時20分
From: 千葉ニュータウンオンラインさん
返事 削除 変更
> 北総線値下げ裁判の会のホームページが落ちてしまっているようです。

すみません、時間を空けたら復帰しました。
お騒がせしました。。。

Message#6 2010年8月19日(木)09時16分
From: 千葉ニュータウンオンラインさん
返事 削除 変更
北総線値下げ裁判の会のホームページが落ちてしまっているようです。
私の環境だけからかもしれませんが、全く見れない状況です。

www.藤野.jp/~saibannokai/index.htm
http://www.xn--x41az7v.jp/~saibannokai/index.htm

私のサイトにもリンクを貼らせていただいてますが、
先日報道されてから凄いアクセス数になってます。
せっかく皆さんに周知できるチャンスなので、
「裁判の会サイト」が移転されたのでしたらアドレスお教えください。


また別件ですが「炉端会議」のスパム対策はこちらのサイトのスパム対策済み掲示板スクリプトいかがでしょうか。
http://swanbay-web.hp.infoseek.co.jp/index.html

さまざまなスパム対策済掲示板が配布されています。

私もこのcgiをいろんなサイトで使っていますが、一度もスパムが来たことはありません。
かなりお勧めです。

Message#5 2010年7月17日(土)07時13分
From: 野の花さん
返事 削除 変更
野内のメッセージ(#4)への返事

> 17日午後1時から裁判の会の報告会。

いよいよ今日スカイアクセス、開通ですね。

そして今日は裁判の会の報告会が白井駅前センターであるのですね。
その後どういう風に進んでいるのか、聞きたいと思います。

Message#4 2010年7月16日(金)23時16分
From: 野内さん
返事 削除 変更
今週末、白井駅前センターで、北総線の裁判について集会が行われます。

17日午後1時から裁判の会の報告会。
18日午後4時半から、白井市10人の議員の報告会。

Message#3 2010年6月20日(日)20時47分
From: 野内さん
返事 削除 変更
出席者の割合は、あたかも印西・白井の人口比率のようですなぁ。
草深の50人は、意外です。
子供を高校大学に通わせて、自己負担で定期券を購入してそのあまりの高さに嘆いている世代は、印西牧の原駅周辺に住んでいる人たちが最も多いはずなのに。
私の知人の西ノ原にお住まいの方は、子供が野田線沿線の高校へ通っている時、『子供の高校生の同級生が北総線のあまりの高さに遊びに来てくれない』と、嘆いていました。
北総線の高運賃は、同級生の人付き合いも阻む、障害になっているんです。
そんなことを日頃から肌身に感じている人は、多くいらっしゃるはず。
ですから、草深の会場は人が溢れんばかりになるんじゃないかと思ってました。

駅の構造からも、印西牧の原駅はアクセス特急が止まり、各駅との乗り換え駅になっておかしくないのに。
あのダイヤ改正にも、不満を持つ人が印西牧の原駅利用者に多いはずで、北総線に不満と疑いを持つ人も多いはず。

Message#2 2010年6月20日(日)09時47分
From: 席亭さん
返事 削除 変更
野内さん、昨日はご出席ありがとうございました。

3カ所の会場を駆け足で渡り歩く感じでしたが、心配していた参加状況も、思っていたより多くの方に参加していただき、またご出席の方たちの反応も、非常に積極的で、手応えを感じることができました。出席者は、午前中の中央駅前センターが約70人、野内さんも参加された白井駅前センターが約100人、最後のふれあい文化館が約50人といったところでしょうか。

一つだけ、ご報告の中で、原告の要件として「定期を自腹で購入している人」とありますが、この条件に該当する人というのは、それほど多くいるとは思えませんので、もう少しいろいろなケース、条件の人に名乗り出ていただき、その中から絞り込んでいきたいということです。たとえば、昨日最後に開かれたふれあい文化館の集会では、定年後も勤めているが、給料の中に通勤費も入っている契約に切り替えられたため、実質的に高額運賃の負担が重くなっているといった方からの報告もありました。また、会社から定期代が出ている人の中でも、いろいろなケースがあるかもしれないので、とにかくいろいろな情報を集めて、原告要件を絞り込んでいきたいと思っています。

ともあれ、昨日3会場で、高運賃問題に対する関心の高まりと広がりを肌で感じることができました。これからも、地域のいろいろな人たちとこの問題について話し合い、みんなで一緒に裁判を闘っていこうと思っています。

Message#1 2010年6月20日(日)06時19分
From: 野内さん
返事 削除 変更
6月19日の説明会、お疲れ様でした。

説明会で再確認したことは、

1.北総線の運賃が、「適正原価」「適正利潤」といえず、国の運賃認可が【違法】として、【取消訴訟】を求める行政訴訟であること。

2.弁護団は、現在考えうる【最強の布陣】である。

3.原告は、定期券を自腹で購入している人、数名で構成すること。

さらに、【裁判を起こしてそれの判決待ちではなく、北総線の運賃値下げを住民運動として継続して主張して行こう。】ということに、共鳴しました。

最新20件 最新50件 最新100件 最新200件 200件以前
昨日以降 2日前以降 3日前以降 4日前以降 5日前以降

新規書き込み

dmb.cgi Ver. 1.061
Copyright(C) 1997-2009, hidekik.com

お気軽に炉端会議をお楽しみください  管理人に教えられたパスワードはトップページをご覧ください